スポンサードリンク

レーシック手術(視力矯正手術)の基本〜近視・乱視・遠視に悩むあなたにについて

レーシック手術によって、視力を回復させよう!と思っている人は多いはず。 だけどレーザーやメスを目に入れるには、それなりの覚悟がいりますもんね...。 レーシックによるメリット、デメリット、リスク、費用などをはじめ、 レーシック手術の基本的な事を眼科、クリニック視点では無く、イチ患者視点で考察してみました。いつ受けようか悩む、一人の近視男の考察...

レーシック手術(視力矯正手術)の基本〜近視・乱視・遠視に悩むあなたに最新記事

レーシックに必要な費用

レーシック手術に掛かる費用は、クリニック・病院によって様々です。
高いと安心できて、安いから不安などとは、ハッキリ言って言えません。

レーシック手術を受ける自分自身が、その病院・クリニックを信頼して、
手術できるところ、コレが一番のようだ。

まず頭に入れておいて欲しいのは、『レーシックの手術を受る事さえ出来れば良い』
とはいきません。費用は手術の費用以外にも掛かります。

レーシック手術は、まずは手術自体を受けることができる体かどうか
適応検査が必要なんです。まずその適応検査の費用。
大方、一万円以内でおさまるそうです。
クリニック・病院により、手術代に込みの場合もあります。

次に、手術当日・手術後に出される薬代の費用。
これもまた、クリニック・病院により、手術代に込みの場合もあります。

『さて手術が終わりました。これで完了』ではないんです。
その後、視力の状況や、眼の状態を確認するために、定期健診は必ず受ける必要があります。
となると、定期健診の費用。
定期健診は、翌日・翌々日・1週間・3ヶ月・半年後・1年後←コレくらい受けることになります。
これもまたまた、クリニック・病院により、手術代に込みの場合もあります。

レーシック手術前後にかかる費用は、クリニック・病院により様々ですから、
提示された金額に含まれているもの、含まれないもの、全てを確認した上で
受けるようにしましょう。

テクノラティプロフィール