レーシック手術(視力矯正手術)の基本〜近視・乱視・遠視に悩むあなたにTop >  レーシック手術の基本 >  レーシック手術を誤解していませんか?

スポンサードリンク

レーシック手術を誤解していませんか?

レーシックは眼科医療で、画期的な医療技術であることは間違ないんです。
視力補正具(コンタクトやメガネ)がなくては見えなかった生活から、
視力が悪くなる前の視界を取戻せます。成功すればの話しですが...

しかし、眼科でのレーシック手術を受ける時に、
心得ておかないといけない事ががあります。

それは、レーシック手術におけるリスク、こういった事を
眼科で受ける説明(カウンセリングの際)の内容はもちろん把握しておかなければいけません。

その上で、レーシック手術という医療の解釈について、
【誤解をしない】ということが非常に大切ではないかと思います。

レーシック手術を受けたことによって、視力が回復した人は大勢います。
しかし、レーシック手術は角膜の屈折異常を矯正することで、視力の回復は望むもの。
眼の内部の組織構造を矯正するのではない。
ということは、本来の意味で『視力を回復する方法』ではない。
『視力を矯正する方法である』ってことを理解する事が必要です。

要するに、レーシック手術によって視力が回復したと仮定して考えてみましょう。
眼の内部の状態は、まだ手術前の【近視・乱視・遠視】のままで、
眼球自体の構造はなんら回復していないため、術前にキツイ近視であった人は、
近視の人がなりやすいと言われる緑内障など、眼に関する病気に罹る可能性は
依然として、通常の視力の人よりも高いままってことです。

以上のことを踏まえて、目の病気に関しては、レーシック手術を受けることによって
起きるものではないが、レーシック手術により眼球の状態が完璧に健全になる
という技術ではないということを、確実に頭に入れておくべきでしょう。

その上で、「自己責任が取れるかどうか」の判断を下す必要があります。

関連エントリー

レーシック手術(視力矯正手術)の基本〜近視・乱視・遠視に悩むあなたにTop >  レーシック手術の基本 >  レーシック手術を誤解していませんか?

スポンサードリンク