レーシック手術(視力矯正手術)の基本〜近視・乱視・遠視に悩むあなたにTop >  レーシック手術の基本 >  レーシック手術の痛みが気になる

スポンサードリンク

レーシック手術の痛みが気になる

レーシック手術を受けるかどうか迷ってる人には、
不安に感じる点は具体的に、どんなことがあるんでしょう?

人にとって大事な【目】にメスを入る、レーザーを当てる、なんて聞くと、
やっぱり怖い思いが頭を巡るでしょう。「もし失敗したら?」「見えなくなったり?」
と心配になるでしょう。

レーシックという技術は、アメリカをはじめとして、世界各国で沢山の症例がある。
その中に、レーシック手術で失明をしって報告は、一つもありません。

レーシック手術は、【角膜に施す手術】であるから、
眼球の内部自体を触ることはないから、見えなくなる=失明することは
原理として考えられないということなんです。
ですから【見えなくなる=失明】を心配をしている人には、
『大丈夫ですよ』といってもいいらしい。

次は、【手術や手術後に痛みがあるか】ということを検証しましょう。
普段、目ってのは少しゴミが入っただけでもかなり痛みがある。
メスとかレーザーとなると、痛みは相当だろうと思う人もいるでしょう。

レーシック手術の時は、手術前に目薬のような麻酔を
目に施す為、痛みを感じることはないということです。

ただ麻酔をしたからと言って、痛みは抑えられますが、
気持ちが悪いそうです。目を触られたり押されたりする感覚は感じてしまうそうです。

手術後の痛みは、麻酔がきれた時に、【しみるような感じ】や
【コンタクトを入れているような異物感を感じる】ことがあるそうだ。
なんでもそうだけど、その度合いは個人によって様々だということです。

違和感を感じる場合。目薬などを処方されて和らぐそうだし、
24時間もすると、その状態も落ち着いてくるとされている。

最後に、術後の傷跡については、レーシック手術では、
【フラップ】と言うフタを、角膜を削って作るんですが、
このフラップの跡は、残ったとしてもかなり微細なもので、
どれくらい微細かというと、『顕微鏡で見ないとわからない』程度だそうです。

心配ないでしょう。

関連エントリー

レーシック手術(視力矯正手術)の基本〜近視・乱視・遠視に悩むあなたにTop >  レーシック手術の基本 >  レーシック手術の痛みが気になる

スポンサードリンク