レーシック手術(視力矯正手術)の基本〜近視・乱視・遠視に悩むあなたにTop >  レーシック手術のメリット・デメリット >  レーシック手術で考えるリスク

スポンサードリンク

レーシック手術で考えるリスク

レーシック手術を「やろう」と言う時には、通院しているクリニックの
担当医から十分な説明を受ける事が大切です。
メリットだけでなく、手術によって負うリスクについても、きっちり理解した上で
レーシック手術を承諾することが、トラブルを避ける、
自分の身体を守る、って意味で重要なんです。

最近のレーシック技術は、飛躍的に発展し、
手術前の患者さんに対して、十分にリスクに関した説明を行い、
きちっと納得してもらう【インフォームドコンセント】を徹底することが義務とされてる。
この【インフォームドコンセント】は、レーシック手術だけでなく、
あらゆる医療の現場においてもいえます。

レーシック手術において、【私たち患者が負うリスク】は具体的にどんなものがあるんだろう?

最大のリスクといえる事象は【リグレッション】というものです。
【リグレッション】とは、レーシック手術後に時と共に、
また視力が落ち始めて、近視の状態に戻ってしまう事です。

原因は、『手術後に目が疲れるようなことを続けたこと』が挙げられますが、
そうでない場合も、【リグレッション】起こる事があるって報告もあり、
今はまだ【リグレッション】の原因がはっきりとはわかっていないらしいです。

【リグレッション】に関しては、術後にクリニックによってまちまちだが、
定めた一定の期間内に視力低下が起きた場合、無料で再手術を行うシステムもある。

しかし、一度目の手術で角膜をもう一度削れない厚さになってる場合、
再手術を受けることはできません。

『近視や乱視が治る』ってのは非常に魅力的ですが、
安易に手術を受けるずに、リスクも十分に把握をしておくことが大変重要です。

関連エントリー

レーシック手術(視力矯正手術)の基本〜近視・乱視・遠視に悩むあなたにTop >  レーシック手術のメリット・デメリット >  レーシック手術で考えるリスク

スポンサードリンク