レーシック手術(視力矯正手術)の基本〜近視・乱視・遠視に悩むあなたにTop >  レーシック手術のメリット・デメリット >  レーシックについてのデメリット@

スポンサードリンク

レーシックについてのデメリット@

レーシック手術は、視力が低下して悩んでる人や、
長い間、強い近視や乱視によって不自由を感じてきた人にとっては、
まさに夢のような矯正手術のように、感じられてしまいます。

実際にレーシック手術の本場アメリカでは、
日本とは比較ににならないほど沢山の症例があって、
レーシックによって沢山の人が視力を取戻して(矯正して)います。

これは、わが国日本においても同じです。
症例はアメリカに比べ少ないですが、レーシック手術によって
近視・乱視などに悩んでいた方が、鮮明な視界を取戻し喜んでいる人は多い。
特に、スポーツ選手や有名人の中に、レーシック手術を受ける人が多いそうです。

しかし、【レーシック手術】は万能の視力回復法ではない!

この事をしかと認識しておかなければいけません。

なにをするでもそうですが、レーシック手術にも【メリットも多い】
その反面【デメリットも確実に存在する】。

レーシック手術のデメリットは具体的にどんななもか、挙げてみます。

まずレーシック手術のデメリット、若しくはリスクとして出るものに、
【レーシック手術を受けたのに、思いのほか視力が回復しない】

レーシック手術による効果は、一人一人患者の眼の状態が違うように、
全員が同じ効果が期待できるわけではありません。

どれくらい程度回復できるかということは、手術前には分らない。
要するに、【手術してみないと効果がいかほどなのか分らない】コレが現状のようです。

このようなレーシック手術のデメリット、リスクについては、
クリニックで事前に説明がされていることなんですが、
メリットだけでなく、レーシックによるデメリット、リスクについても
きっちり理解したうえで、手術を受けるかどうかを決める。コレが重要です。

関連エントリー

レーシック手術(視力矯正手術)の基本〜近視・乱視・遠視に悩むあなたにTop >  レーシック手術のメリット・デメリット >  レーシックについてのデメリット@

スポンサードリンク